2013年05月20日

建築現場の足場防犯

建築現場、特にリフォーム現場では、足場を組むのでセキュリティーが心配になる。
しかし、ユーザから、カメラは嫌われる。また、現場は短期間で移設されるという特性にも応えなければならない。ただしセキュリテイー対策を要求されている。
そこでバッテリー駆動で、無線接続というシステムを検討中である。
入口にセンサーを設置し、不審者を探すシステムである。
人を検知するには、広域のセンサーとスポットのセンサーを利用する。また、工事関係者と他の人を区別するために工事関係者には無線タグを携帯してもらう。
入口を人が通過したときに、センサーのスポット形センサーが検知する。そのときに無線タグもセンスし、無線タグを携帯していない場合は不審者とし、警報を発するというシステムである。
センサーは足場の入口や、通行口に取り付ける。
センサーの検知信号は、無線ネットワークで管理センターに送られ、
そこでPCなどで管理され、担当者に通報したりする。
建築現場に有効であると思われる。


posted by ogw at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。