2013年07月20日

高齢化社会の見守りシステム

高齢化社会化が進んでいる。
また、築後40−50年経った古い団地も増えている。
独居の人も多い。死亡後しばらく発見されないこともある。
そこで見守りシステムが有用である。
団地内の部屋に人感センサーを設置し人の動きをチェックする方法がある。
複数の部屋にセンサーを設置し、人の動きを追跡する方法で、日ごろの動作パターンををチェックして、
異常があったときに声をかけに赴くという方法である。
団地内に管理センターを設け、そこでデータを監視し、センサのデータを眺めて、
日ごろのパターンと比較し、イレギュラーなパターンを見出し、声をかけにゆく作業が必要になる。
民間だけでは難しいこともある。


posted by ogw at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。